2008年09月29日

平和教育

本日の内容は猫のこととは一切無関係で、やけに長いです。
(写真も内容とは関係ありません)

そして重いです。

お時間のない方や興味のない方はスルーしてくださいね〜

では本題。

今日は日曜日だったのですが
中学校の学習発表会があり、
午前中は自分たちで学習したことの発表
午後からは合唱コンクール

私は広報委員の写真撮影係と言うこともあり、まる1日学校で過ごしました。


息子の学年は「沖縄から伝えたいこと」と題して
5月に行った修学旅行で体験したこと学んで来た事を発表しました。



昨年、修学旅行先を決める話し合いで
関西方面と沖縄で多数決を取りました。

私はめったに行けないと思い沖縄を選んだのですが、
結果、数票差で沖縄に決まりました。

でも喜んでいたのもつかの間で
修学旅行の日程表を見て正直、関西方面のほうが楽しいのではないかと
後悔していたのです。

なぜか?

2泊3日の中で楽しいと思える場所は
ちゅら海水族館だけだったからです。

その他は平和教育的内容の場所ばかりで・・・

とっても大切なことだけど、

今のこの子たちが楽しいと思えるのだろうか?
後からつまらない修学旅行だったと思うのではないか・・・
そう思っていたのです。


EOS9月 023.jpg

私も知らなかった沖縄戦
唯一、地上戦となった沖縄の惨状。
戦争に強制参加させられたのは
まぎれもなく今の息子たちくらいの年の子供たちでした。



スライドで子供たちがカメラに向かってピースサインをだして
楽しそうな様子の写真が映し出されます。

それがフェードアウトして当時の同じ場所で撮影された子供たちの
モノクロの写真にすりかわります・・・・

誰一人笑ってないのです。
とても同じ場所とは思えない戦場。
子供たちが今立っている場所は数十年前は戦火だったのです。



ガマをしっていますか?

ガマとは自然壕のことで
怪我した人を介護したり治療したり
島民が隠れたりしたそうですが
そこは明かりもない洞窟で昼間でも真っ暗闇。

そこでは米軍に見つかって自決する人がたくさんいたそうです。

EOS9月 033.jpg

55万人もの米兵が沖縄へ上陸したそうです。
北から徐々に南へ草の根を分けての攻撃で
20万人もの罪の無い島の人が犠牲になりました。

ここでは伝えきれないですが
多くの保護者の方は涙を浮かべていたようでした。


私も沖縄へ行ったことがあります。
キレイな海、賑やかな国際どおり
異国的な感じで老後に移住したいな〜
なんて冗談で言ったりしてるのですが
そういえば、島の至るところに戦争記念碑があるのです。

当時、感じなかった悲しみ、怒り、恐怖
知らなかった・・・・では許されない気がしたので
忘れないよう、ここに書きました。


平和教育・・・・平和な時代だからこそ
必要なんだと思います。

EOS9月 116.jpg

レンズを通して真剣に取り組んでいる子供たちを
見ました。
純粋に平和を願っているように思えました。
この先、道をはずすことなく成長してくれることを
切に祈ります。


読んでくださった方、ありがとうございます。
防備録でございます。
不快に思った方がいらっしゃいましたら
お詫びいたします。
あくまで私個人の感想でございました。

また明日から楽しい猫日記に戻ります。


20080810050346.jpg





mame-kun-mini-ani.gif コメントありがとうございますnaru-chan-mini-ani.gif
いつも楽しく読ませて頂いてます。
ブログを書く励みになっています!
時間のある限り個別にお返事をしたいと思っていますが
最近ちょっと忙しくしていますので勝手ながら
お返事をお休みさせて頂いています。
ブロ友さんへの訪問を優先させて頂いていますので
ご了承下さいね。

こんな私ですが初めての方もコメントを残して頂けるとうれしいです。
ブログをお持ちの方は必ずご訪問させて頂きますのでURLの記入をお願い致します。








ニックネーム hanako at 00:05| Comment(21) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しいだけが日記じゃないですもん^^
経験してないからこそ、知る事が必要なんですよね。
でも、目をそらしちゃう自分も居たりします。
あの頃の彼らは私よりも早くに死に、何も意志を聞き入れられずに死んでいったんだよな。
どう判断していいかも理解も出来ずに死んでいった子供達も多いんだろう。。。
Posted by カオルンボ  at 2008年09月29日 07:30
カオルンボさんもおっしゃる通り、楽しいだけが日記じゃないですよね。
hanakoさんの感じたこと、共感するところがたくさんあります。
でも、もう少し楽しいところに行くような修学旅行でも良かったかもしれませんね。
私は、岡山&広島に修学旅行に行きましたが、丸1日は広島の戦争記念館とか原爆ドームでした。
いまでもよく覚えていますよ。
Posted by みにゃんこ at 2008年09月29日 07:53
私の主人は広島の人なので、話を聞くと例え戦争を経験してなくとも、被爆地であるということが、子供たち孫たちに脈々と受け継がれて行く…
沖縄もそうですよね。
きれいなところで大好きですけれど。私も高校の時修学旅行以降何回も行きました。
修学旅行では、辛いなと感じずにはいられないところを巡ったりもしましたし。
知らないことを経験できたのは良かったとは思いましたが、確かに楽しいことばかりではなかったかな〜。
hanakoさん、思ったこと述べるのも日記ですし、とっても大切なことだと思いますヨ^^
Posted by at 2008年09月29日 08:35
それも一つの勉強ですよね
確かに修学旅行中w〜楽しいところを回りたくなります
でも旅行も勉強の一つな分けですから
とても良い経験になったと思います
こうゆう機会がないと中々知ることが出来なくなってきてますものね
一生のうちにこんな機械が出来てよかったんだと思います

思ったこと築いた頃をかくのもブログのあり方だと思いますので
黒ネコも考えさせられました
ありがとうです
Posted by 黒ネコ at 2008年09月29日 09:54
うん、思った事を書いていいですよ(^^)
自分のブログだから・・・

就学旅行だからというかそういうとこを回るのも良いかと・・
まっ、ソレに対して心構えはあるのかというとまた・・・

広島・長崎・また京都・奈良・・・
子供達にとって古臭いかもしれませんがやはり行く価値はある・・・

沖縄・・・
行った事はないんですがその当時、本土上陸の真っ先でしたからそこに住んでいた人達の心情は・・・

あらためてhanakoさんの日記で考えさせられました・・・
支離滅裂な文章になってしまったわ(><)
ごめんなさいね・・
Posted by BUN at 2008年09月29日 11:49
修学旅行の行き先って、親の多数決で決めるものなの?
私が中学生の時はなんの選択肢もなく京都だったような顔(汗)
沖縄は行った事なくてあまり知らないんだけど、戦争記念碑とかがたくさんあるんですね。
てっきり、青い海とゴーヤとスウィーティーの平和な島かと思ってました顔(なに〜)
沖縄なの人たち、ごめんなさい。o゜(p´□`q)゜o。

↓キヨたんの立派なもんぺと秘密の穴に萌えー黒ハート(*´д`*)ハァハァ
Posted by かおりん at 2008年09月29日 11:56
沖縄、私は行ったことがありませんが
やはり青い海〜とか、開放的な景色の場所というイメージでした。
戦争の記念碑がたくさんあるのですか。
もし行く機会があったら、そうゆうことのあった場所、と
思って行くと、また違った風景も見られるかもしれませんね。

下の記事、キヨちゃんのR18写真
良い顔して眠ってますね〜。
すごく幸せそうです(笑)
Posted by 沙羅 at 2008年09月29日 12:26
この日記を読んで、すごく心に響きました。
実は、主人の父が沖縄戦前線に行っていました。
指揮官だったので、何十人かの部下がいました。
沢山の方が犠牲になり、洞窟内で自決させられる映画もよく見ていたので、聞いてみました。
他の部隊は知らないけれど、自分は、そんな事は絶対にやっていない!と。
決死で、島民、部隊の命を守ったと。
最後は、父も弾に当って怪我をし、残った数名の部下の命を救う為、
爆弾で亡くなられた多くの死体の中に隠れながら、横に寝て身を守り、
瀕死の部下を背負いながら、投降して助かりました。
残りの授かった命を役立てる為、地元消防団長となって、火の中に飛び込んで、
沢山の命も救ったそうです。
元気なとき、何度も慰霊祭への参加の為、沖縄の地に足を運びました。
その慰霊祭の写真に・・・見えない姿が写っていて、仰天しました。怖かった。

沖縄は、戦争だけでなく、辛い歴史もありますね。
そんな中、前向きに頑張っていらっしゃる姿を拝見する度、素晴らしいなと感じます。

二度と戦争を繰り返したくないですね。
その為には、命の尊さを学ばなければいけないと思います。
子供達のアンケートで、死んでもすぐ生き返ると答えた数が多いと聞きます。
平和教育、とても大切な事だと思います。
Posted by マーニャママン at 2008年09月29日 12:28
子供たちにとってはとてもいい機会だったと思います。
平和とか命の尊さって、簡単に口にするけれど、実際には考えることが少ないと思います。
今、美しい南の島で過去に起こったことをしっかり見つめることによって、本当にあった事として心に刻まれたのではないでしょうか?
未来を背負っていく子供たちが、少しでも考えてくれるようになるって、大切だと思います。
Posted by dino at 2008年09月29日 15:02
平和教育、とても大切な事だと思います。
確かに楽しい旅行もいいかと思いますが、そういう楽しみって大人になってからでも出来ることですしねー☆
そういった過去の出来事を知ったり、跡地を見る機会ってそうそう無いと思うし。。
とっても貴重な経験を出来るでしょうね。
Posted by とっちー at 2008年09月29日 15:19
平和な時代だからこそ
平和教育が必要!
私も同感です。
楽しい旅行は大人になってからいくらでも行けますよ。
みんなと一緒に貴重な体験することも良いと思います。
Posted by イヴ at 2008年09月29日 18:11
ついさっき、ショッキングな出来事があり、
気持ちが不安定になってしまいました。
今日はゆっくりコメ残すつもりでいたのに、
応援のみになっちゃってごめんなさい。
黙ってポチ逃げするのもどうかな〜と思い、
理由を書いてしまいましたが、
ニャンズのことではないので、ご心配なくです。
Posted by Chocolat at 2008年09月29日 18:28
初めて観光付きで沖縄に旅行に行った時に、
観光で行った所の殆どは戦争にまつわる場所ばかりでした。
戦争を知らない世代で生まれた私。
戦火の海になった当時の様子は、お話や写真から想像するしかできないけど、
悲惨な歴史を生き抜いてきたお年寄り達の、
あたたかいのんびりとしたうちなー気質に触れて、ほっとした記憶があります。
hanakoさんが書いている通りに、子供たちがしっかりと過去の負の歴史を学んで、道を外さずに生きていって欲しいと願ってますよ。
Posted by Chikaぽん at 2008年09月29日 18:52
最近はこういう戦争の話を避ける傾向が
ありますが、本当は風化させずに、
平和な今こそ、向き合って行くことが、
本当に大切なことだと思います。

そんな時代にブログとは言え、自分の意見を述べられたhanakoさんはすごいと思います。今の繁栄の裏には当時の人たちの、
膨大な犠牲の上に成り立っている事を、
忘れないようにしたいと思っています。
Posted by こうちゃん at 2008年09月29日 19:23
応援して帰ります、ゆっくり拝見したいので後ほど読ませて頂きますね、ごめんなさい。
Posted by barai at 2008年09月29日 19:51
こんばんわぁ〜(^▽^*)
この平和な生活があたりまえ。。。
だんだん月日が経つうちに戦争の怖さを
失われつつあると思います…。
たくさんの人が犠牲になって苦しんだことを
私たちは絶対に忘れないてはいけない。。。
そして絶対に同じことを繰り返しては
ダメ!!
子供たちにも難しい事かもしれないけどそのことを
伝えていかなければいけませんよね。。。
沖縄…あたしはまだ行ったことがないので
いつか行ってみようと思います。
Posted by ウータン at 2008年09月29日 20:20
いろいろあって今から出かけるので
応援ポチだけでごめんね  m(´・ω・`m)ゴメン
大切なお話なので、あとでゆっくりきますね。
戦争の事は、子供のうちから勉強する事は大切だと思います。
わたしも、小学生の時に「はだしのゲン」という映画(実写版)を見て、あまりの衝撃に絶対戦争は嫌だとおもいました。
今の平和は、戦争の時に犠牲になった方のおかげという事を忘れないです。
Posted by ねこおばば at 2008年09月29日 20:39
こんばんはー!

記事の文を拝見させていただいて、30分ぐらいいろいろ考えましたが、あまりいいコメントができそうもありません。
ごめんなさい(^^;
大切なことなのに・・・

文章を拝見させていただいて、とても頼もしいママさんだということはわかりました。
失礼な言い方だったらお許しください。

僕はそんなママさんを応援することしかできません。
お許しください。

謝ってばかり(^^;
Posted by おさむにぃ at 2008年09月29日 21:25
●皆様へ
コメントし辛い内容にもかかわらず
たくさんの暖かい言葉をありがとうございます。
14年前に沖縄へ行ったのですが
その時はもう海で泳いだり、バナナボードに乗ったりと遊びまくりで過ごしたんです。
国際通りで買い物、ホンと楽しいだけでした。
カオルンボさんがおっしゃっているように
目をそらしていたんだと思います。
次に行く機会があれば絶対リベンジしたいです。
読んでくださってありがとうございました。
Posted by hanako at 2008年09月29日 23:17
こんばんにゃ〜
修学旅行って、遊びに行くんではないと思います。
先生も生徒もすごくしっかり考えているんだと、頼もしく思えました。
ウチの子も修学旅行で行きましたが、
それをきちんと自分の物にして帰ってきたか…
極道家地方は、全国で3番目に被爆者が多い県です。
私も遠足では広島、修学旅行は長崎に行きました。
何度も何度も行きましたが、
それを生かす教育を受けてきたのだろうか、と考えちゃいます。
子どもが生まれて、命を生み出して、
初めて命と向き合った、平和についても考えたという気がします。
遅いね〜顔(イヒヒ)
あと10年もすれば戦争は風化します。
確実に戦争を知らない世代だけになります。
今のうちに、戦争について客観的にきちんと教育し、受けつがなければいけないと思います。

でも、ある大学の教授が、
「平和とは戦争をしないことだけを言うのではない」と言っていました。
子どもが5歳まで生きられない飢餓の世界。
豊かだと言われる日本で3万人を超える自殺者が10年続いている。
親が子を子が親を殺す。
それって、本当に平和な世界?
Posted by もふいのち at 2008年09月30日 00:11
平和が当たり前のことだと思いがちな今の世の中だからこそ、教えないといけない教育があると私も思います。

平和教育を通じて平和の大切さを子供たちもわかってくれると良いんですけどね(^_^;)

イヤ(._.)大人になりきれていない大人達にこそ必要な教育なのかも・・・(-_-;)

Posted by ちょちょ at 2008年09月30日 00:13
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1509827

この記事へのトラックバック

主婦 - 大阪・十三「ほぐし家」人妻回春エステ
Excerpt: 全身のオイルマッサージ・ハンドサービスの性感マッサージの「ほぐし家」
Weblog: 主婦 - 大阪・十三「ほぐし家」人妻回春エステ
Tracked: 2011-12-17 14:01

オナニー - 大阪十三の隠れ家「癒し家」 メンズエステ・ハンドマッサージ
Excerpt: 大阪十三のメンズエステ『癒し家』-厳選されたエステティシャンによるリラックスマッサージをお楽しみください
Weblog: オナニー - 大阪十三の隠れ家「癒し家」 メンズエステ・ハンドマッサージ
Tracked: 2012-11-15 15:18

島根県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 島根県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2012-12-10 12:36